障害者の尊厳と社会参加

下北手小学校4年生 福祉体験

 9月25日、下北手小学校の4年生の9人が来所し、『車椅子を利用してみよう。介助してあげよう。施設内を探険してみよう。福祉車両に乗ってみよう。』の目標をもって施設見学と福祉体験を行いました。車椅子の使用方法を学んだ後、お互いに声を掛け合いながら介護する側、される側を体験し合いました。特に福祉車両への乗車は全員初体験で「面白かった。少し怖かった。」等の声も聞かれ、とても興味深かったようです。また、利用者の皆さんが様々な就労作業をしている様子も熱心に見学しました。
 体験の終わりに感想発表があり、「車椅子の人や困っている人を見かけたら、進んで手助けをしたいと思った。」また、「支援する前には声掛けが大事であることがわかった。」等の発表がありました。体験を通じて福祉への関心を持ち、やさしい心で周囲の方々とふれあうことができた一日となりました。

     
     
     
 
     


このページの先頭へ